文字サイズ
色反転

二酸化炭素消火設備の事故にご注意ください。

登録日

二酸化炭素消火設備の誤操作や誤作動による事故が発生しています。

 令和2年12月22日、愛知県名古屋市内の立体駐車場において、二酸化炭素

を消火剤とする不活性ガス消火設備が誤操作により放出され、死者1名、負傷者

10名を出す事故が発生しました。また、今年に入り東京都港区においても点検

実施中に事故が発生し、死者2名、負傷者1名を出す事故が発生しています。

 

<工事やメンテナンスを行う場合>

 二酸化炭素消火消火設備が設置された部分やその付近で工事やメンテナンス等

を行う場合、誤作動や誤放出を防ぐため、消防設備士や消防設備点検資格者を立

ち会わせるなど、安全確保に留意してください。

<利用者等への周知>

 防火管理者や従業員は、二酸化炭素消火設備が設置された部分の利用者などに、

二酸化炭素の危険性、設備の適正な取り扱い、作動の際の対応方法、避難方法な

どを周知してください。

<設備作動時の対応>

 二酸化炭素消火設備が誤放出された場合は、消防署に119番通報するととも

に、設備の設置、点検保守業者へ連絡してください。二酸化炭素消火設備の設置

部分や隣接部分への立入りを禁止してください。

Translate »