文字サイズ
色反転

住宅火災の予防について

登録日

住宅火災によって毎年全国で約1,000人の方が亡くなっています。

その半数が「逃げ遅れ」によって亡くなられており、死者の約7割を

65歳以上の高齢者が占めています。

 

🔶死者を伴う住宅火災の原因(全国)

 

  ・・・「たばこ」「ストーブ」「電気器具」「こんろ」が主な原因

  住宅火災の着火物(発火源から最初に着火した物)別死者数(放火自殺者を

     除く。)では、寝具類に着火した火災による死者が最も多く、衣類、屑類と

       なっています。

 

住宅や財産、命をも奪う火災から、火災の発生や命を守るために・・・

 

『住宅防火7つのポイント』 

日頃から「3つの習慣」「4つの対策」

<3つの習慣>

 火災の発生を防ぐため、3つの習慣を守りましょう。

   ①寝たばこは絶対にしない。

   ②ストーブの近くに燃えやすいものを置かない。

   ③こんろに火を点けたままで、その場を離れない。

<4つの対策>

 万一火災が発生しても、被害を抑え命を守るために、日頃から4つの対策を取り

 ましょう。

   ④逃げ遅れを防ぐために、住宅用火災警報器を設置する。

   ⑤寝具やカーテンなどには防炎製品を使用する。

   ⑥火災を小さいうちに消すために、住宅用消火器を設置する。

   ⑦日頃から隣近所との協力体制を作る。

 

◇逃げ遅れを防ぐために、「住宅用火災警報器」適切な場所に

    設置しましょう。

 

住宅用火災警報器は、「寝室」と「寝室がある階段の上部」に設置する必要が

あります。適切な場所に住宅用火災警報器を設置しましょう。

また、住宅用火災警報器がきちんと作動するか定期的に点検し、10年を目安

交換しましょう。

 

Translate »