文字サイズ
色反転

年末年始の火災予防

登録日

    この時季は空気が乾燥し、火気を使用する機会、暖房器具を使用する機会

が増え、火災の起こりやすい時季となります。また、年末年始は初詣や外出

する機会も増え、慌ただしくなります。お出かけ前や就寝前には、火の元に

十分注意し、火災のない年末年始を過ごしましょう。

 

【家庭の防火】

(1)外出する前や就寝前には、必ず火の元を確認しましょう。

(2)暖房器具は定期的に点検を行い、調子の悪い器具は専門業者に点検してもらいま

    しょう。

(3)家の周囲などには燃えやすいものは置かない、放火されない環境を作りましょう。

(4)子どもの火遊びに注意しましょう。

 

【事業所の防火】

(1)百貨店、旅館、ホテル、飲食店等の不特定多数の人が出入りする場所で、火災が

         発生すると多大な被害が予想されます。消防設備の設置、点検、消防訓練を徹底

         し、安全確保を図りましょう。

(2)年末年始が休日になる事業所では、定期的に巡視を行いましょう。

 

【こんなところにも注意が必要です】

 消毒用アルコールは非常に燃えやすいものです。火気などの近いところでは使用し

      ない。

 タバコの投げ捨てをしない。

 コンセントのほこりを定期的に掃除する。

 暖房器具は点検してから使用する。

 ストーブの上に洗濯物などを干さない。

 石油ストーブは火を消してから給油する。

 

住宅防火 いのちを守る7つのポイント 3つの習慣・4つの対策

 <3つの習慣>①寝たばこはしない。

        ②ストーブは、燃えやすいものから離れた位置で使用する。

        ③ガスこんろなどを使用中は、その場を離れない。離れる場合は、

                                必ず火を消す。

 <4つの対策>①逃げ遅れを防ぐために、住宅用火災警報器を設置しましょう。

        ②寝具、衣類、カーテン等は防炎品を使用しましょう。

        ③火災を小さいうちに消すため、住宅用消火器を設置しましょう。

        ④日頃から、隣近所の協力体制を作りましょう。

 

 

 

 

Translate »